カテゴリー
communication / 会話・報道 Lifestyle / 暮らし

Differences between Japanese and German public broadcasting on Instagram

Written in Japanese

わたくしインスタグラムもしてるんですが、日本の公共放送であるNHKのインスタとドイツの公共放送であるTagesschauのインスタの内容を見比べて、なんとも表現し難いものすごい衝撃を受けています。
 
あまりにもクオリティーに差がありすぎてどう解釈していいのか悩んでいます。はっきり言って、NHKのインスタの内容は最も伝える表現力が必要な分野にも関わらずなにを伝えたいのか全く分かりません。日本の場合、芸能界がすごく発達していて著名人を表に出すことで影響力があるのは分かるんですが、その絵を見た人はなにを考えるんだろう。
 
それに比べ、ドイツの公共放送は本当にプロフェショナルだなと思います。伝えたいことをそのまま、ストレートに、背景となる絵も的確です。見ているだけで色々と勉強になります。
 
投稿数も投稿内容もフォローしている人数もなにもかもが違いすぎてて言葉がでません。
 
本当に、衝撃です、衝撃です、衝撃です。

ちなみにNHKはオンラインの他にもニュースや外国人向けのNHK World Japanのようなインスタもあります。

カテゴリー
Agriculture, Forestry & Fisheries / 農林水産

フィンランドの木材貿易事情 / Finnish timber trade situation

Written in Japanese (original article is below)

フィンランドの主な製材輸出国のひとつはエジプト。その主な輸出先の産業は観光と石油に由来しているものだけど、どちらもコロナウイルスの影響で上手くいっていない。もうひとつは中国。コロナの影響で工業生産全体で急激な減速があったけど、今は明らかに改善している。イギリスでは建設部門がほぼ停止していて、5月に再開する予定。サウジアラビアでは、原油価格の急激な下落が建設を縮小する予測。ドイツとフランスでは、建設が大幅に減少している。あと日本の状況ではフィンランドからの製材輸出状況は今の状態が妥当だと。
 
オーストリアの業界誌が取り上げる記事で日本とフィンランドのことが書かれていた。フィンランド大使館にフィンランド形式の木造建築物を日本の技術者と協力して素早く建てた先例だっていう話だと思うけど、これはまるで、技術者付き木造建築製品の輸出の例だな。

Japan am Beginn einer neuen Holzbauära

Tragkonstruktion aus Finnland in nur elf Tagen errichtet

Ein Artikel von Raphael Zeman | 14.05.2020 – 10:39 Dieser Holzpavillon ist ein Vorzeigebeispiel für internationale Zusammenarbeit. Unter anderem wurde schon bei der Herstellung der Holzbauelemente in Finnland auf die Gegeben- und Gepflogenheiten in Japan geachtet. Laut dem Architekten Atsushi Ueda habe die Ära des Bauens mit Holz dort gerade erst begonnen und ein grenzübergreifender Austausch sei dabei für alle Beteiligten von Vorteil.

Seit Anfang Mai bereichert der Holzpavillon die finnische Botschaft in Tokio und wird fortan als Veranstaltungsort genutzt. Während der Olympischen und Paralympischen Spiele 2021 soll zudem das finnische Nationalteam darin untergebracht werden. Die von der finnischen Holzindustrie Metsä Wood gefertigten Elemente wurden im Werk von Timberpoint in Loviisa abgebunden. Die schnelle Herstellung der vorgefertigten Elemente innerhalb von nur sieben Wochen sei auch auf die Tatsache zurückzuführen, dass die Produzenten von Beginn an in den Planungsprozess involviert waren und eng mit dem Statiker zusammenarbeiteten, so Metsä Wood in einer Aussendung. Ein besonderes Detail stellte dabei die Treppe aus Furnierschichtholz-Platten dar: „Die Treppe lag mir am meisten am Herzen. Sie war außerordentlich anspruchsvoll und hochwertig und es hat Spaß gemacht, sie zu bauen“, erzählt Marko Suonpää, Miteigentümer von Timberpoint.

Teamarbeit ist Um und Auf

MetsaWoodPavillon_3_MetsaWood.jpg
Ein 25 t-Mobilkran reichte aus, um die vorgefertigten Holzelemente zu montieren. © Metsä Wood

Bereits bei der Herstellung der Holzbauelemente wurde auf die Vorgehensweise in Japan geachtet. Da die dortige Gesetzgebung die Verwendung großer Transportfahrzeuge im Stadtgebiet verbietet, waren die Bauteile maximal 9 m lang. Zudem wurden sie in der Reihenfolge der Montage in die Container gelegt und dann nach Japan verschifft. Vor Ort übernahm dann der Holzbaubetrieb Puurakentajat die Montage der Tragkonstruktion, welche in nur elf Tagen errichtet wurde. Danach war Guest House unter der Leitung des japanischen Architekten Atsushi Ueda für den Fenstereinbau und die Fertigstellung der Innenräume und sichtbaren Oberflächen zuständig. „Das Design des Pavillons unterscheidet sich deutlich vom japanischen Stil. Das Beste ist die Vorfertigung“, so Ueda.

„Wenn sie gut konzipiert sind, können neue Holzstrukturen leicht auf älteren Fundamenten errichtet werden“, befindet Jyrki Huttunen, CEO von Puurakentajat. In diesem Fall wurde der Pavillon mithilfe eines 25 t-Mobilkrans auf einer bestehenden Garage platziert. Nach den Olympischen Spielen kann der Pavillon abgebaut und an einem anderen Standort neu errichtet werden.

MetsaWoodPavillon_6_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_7_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_1_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_5_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_6_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_7_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_1_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_5_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_6_MetsaWood.jpg
MetsaWoodPavillon_7_MetsaWood.jpg

„Die Zusammenarbeit mit den japanischen Zimmerleuten lief sehr gut, auch wenn wir keine gemeinsame Sprache haben“, erzählt Huttunen und Ueda fügt hinzu: „Es wäre für beide Länder von Vorteil, wenn wir diese Verbindung und dieses Netzwerk für die Zukunft ausbauen würden. Die neue Ära des Bauens mit Holz hat in Japan gerade erst begonnen. Ich bin fest davon überzeugt, dass dies auch für Finnland eine große Chance ist.“

Quelle: Metsä Wood

カテゴリー
Agriculture, Forestry & Fisheries / 農林水産

日本の農林水産業のためのコロナ対策措置 / Corona countermeasures for Japanese agriculture, forestry and fisheries

Written in Japanese

EyeCatch: 新型コロナウイルスの影響を受けている農業者が利用可能な助成金まとめ, SMART AGRI

コロナパンデミックによって、日本の農林水産業でもまだ見えていない部分も含めて大きな影響がでてくると思う。
 
他分野に比べて生産現場での作業自体には比較的影響が少ないかもしれないけど、ほとんどの場合サプライチェーンのどこかで流れが止まるような状態になっている、と思う。
 
農林水産業に従事する方々に対してはどのような支援制度があるのか、日本の行政の動きも注視しているけど、いくつかよく分からないところもある。例えば、輸出原木の一時保管のためにその費用を林業経営体に支援するというものがある。補正予算額は約10億円、実施主体は全木連。対象が原木だけで製材にはないらしい。あと政府の輸出額目標が5兆円になっていたのは知らなかった。

 

農林水産省

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策

カテゴリー
Agriculture, Forestry & Fisheries / 農林水産

ポテトをもっと食べよう / “Esst mehr Pommes!”

Written in Japanese (related article is below)

ベルギー王国から「フライドポテトをもっと食べよう!」というアナウンスが広がっています。
  
ベルギーは世界最大の冷凍したポテトの輸出国です。ちなみに生鮮ポテトの最大輸出国はドイツです。
日本もアメリカの次にベルギーからポテトを多く輸入していること知ってましたか?
コロナパンデミックの影響からレストランや小売店の休業で、世界中のフライドポテトの売り上げが急落しました。
農産物関連の貿易で、冷凍ポテト製品の最大の輸出国であるベルギーは特に影響を受けていて、毎年530万トンのポテトが取り扱われていますが、今は最大75万トンが破棄されそうな状況になっています。
  
ポテトは食料のほかに動物の飼料に加工したり、バイオマス植物でエネルギーに変換したりすることもできますが、保存する場所にも制限があります。だから、ベルギーのポテト関係者や協会から、自宅やショップで週2回はチップを食べるように呼びかけているようです。
 
movie by Tagesschau

Tagesschau

“Esst mehr Pommes!” So lässt sich der Aufruf des belgischen Kartoffelverbandes Belpom angesichts der Corona-Krise zusammenfassen. Durch die Schließung von Restaurants und Kantinen ist der weltweite Pommes-Absatz massiv eingebrochen. Belgien als größter Exporteur von tiefgekühlten Kartoffelprodukten leidet darunter besonders – pro Jahr werden dort eigentlich 5,3 Millionen Tonnen Kartoffeln verarbeitet. Jetzt droht die Vernichtung von bis zu 750.000 Tonnen. Zwar können Kartoffeln auch zu Tierfutter verarbeitet oder in Biomasse-Anlagen in Energie verwandelt werden, doch auch dort sind die Lagerkapazitäten begrenzt. Deshalb der Appell der belgischen Kartoffellobby, möglichst zweimal pro Woche Pommes zu essen – entweder zu Hause oder an Pommesbuden. Letztere dürfen weiterhin öffnen, auch wenn sich einige trotzdem dafür entschieden haben, zu schließen.

#tagesschau #wirvsvirus #corona #covid19 #belgien #pommes

カテゴリー
communication / 会話・報道

コロナパンデミックの日本の状況(4月26日) / Corona Pandemic Japan, 26. April, 2020

Written in German (original article is below)

26. April, In Japan haben die meisten Menschen seit gestern lange Ferien, aber aufgrund der Corona Pandemie ist es Urlaub der freiwilligen Selbstbeschränkung geworden.
 
Diese Ferienzeit wird “Goldene Woche” genannt, da es in Japan jedes Jahr ab Ende April aufeinanderfolgende Feiertage gibt, was für Japaner selten ist, aber oft lange Ferien machen. Wenn Sie die meisten Feiertage nehmen, können Sie in diesem Jahr vom 25. April bis 10. Mai 16 aufeinanderfolgende Feiertage einschließlich Wochentagen nehmen. Aber in diesem Jahr forderten die Regierung und die lokalen Regierungen die Öffentlichkeit aufgrund der Auswirkungen der Corona Pandemie auf, zu Hause zu bleiben, ohne auszugehen.
 
Nach Angaben der lokalen Regierungen betrug die kumulierte Zahl der Infizierten in Japan am 25. April 12.917 und die Gesamtzahl der Toten 358. Insbesondere Hokkaido (600 (25)), Tokio (3840 (100)), Saitama (800 (24)), Kanagawa (940 (25)), Chiba (800 (22)), Osaka (1480 (26)), Hyogo (620 (24)) und Fukuoka (600 (15)) sind hoch, und die Zahl der Infizierten und Todesfälle nimmt täglich zu.
 
Was Japans Gegenmaßnahmen gegen Corona erschwert, ist, dass der Zweck der Politik der Öffentlichkeit nicht vollständig mitgeteilt wird und das Leben der normalen Bürger verwirrt ist. Genaue Informationen können nicht an Menschen weitergegeben werden, die sie benötigen, und ein zunehmendes Misstrauen gegenüber der Politik erzeugt Angst und erschwert die Kontrolle der Verwaltung.
 
Die japanische Regierung plant, während dieser Goldenen Woche zu entscheiden, ob der angerufte Notstand (緊急事態宣言) = der freiwillige Selbstbeschränkung verlängert werden soll oder nicht, aber in der gegenwärtigen Situation, ich denke, es bleibt keine andere Wahl, als ihn verlängern muss.

Japan coronavirus cases top 10,000, driven by younger patients

Country on verge of surpassing South Korea in infectionsNikkei staff writers April 18, 2020 22:00 JST Updated on April 19, 2020 00:51 JST

TOKYO — Confirmed cases of novel coronavirus infection in Japan surpassed 10,000 on Saturday, just days after a state of emergency was extended nationwide in an attempt to slow the spread of the virus. 

COVID-19 cases in Asia’s second-largest economy doubled in 9 days. Newly reported cases on Saturday totaled more than 400.

Tokyo remains the hardest-hit region, reporting 181 new infections on Saturday.

Data from Japan’s Health Ministry shows a nearly sixfold spike in cases among people in their 50s and younger since the March 20-22 three-day weekend, compared with an increase of 2.7 times among those in their 60s and older.

“With infections spreading in unknown ways, we are dealing now with the result of many people letting down their guard during one week in mid-March,” said Hitoshi Oshitani, a Tohoku University virologist who sits on a health ministry coronavirus task force, at an online symposium Saturday.

Japan’s number of COVID-19 cases is approaching the 10,653 confirmed patients in South Korea, which was once the worst-hit Asia-Pacific country outside of China, data from Johns Hopkins University’s Coronavirus Resource Center shows.

Japan had 10,276 as of 9 p.m., a Nikkei compilation shows. South Korea has since been overtaken by India.

Prime Minister Shinzo Abe on Friday once again appealed to the nation to stay indoors, saying a target of an 80% reduction in social contacts had not been reached.

The day before, Abe expanded his declaration of a state of emergency to the entire country from an original seven areas that included Tokyo and Osaka. The move was prompted in part by fears the outbreak could overwhelm medical services in rural areas that are home to many elderly people.

Just over 200 people have died of virus-related complications in Japan as of Saturday.

The spread of the virus has gained speed since the March holiday weekend. Japan took two and a half months to top 2,000 confirmed COVID-19 cases on March 31, but needed only another six days to exceed 4,000. Surpassing 6,000 took only four days more.

In the U.S., COVID-19 cases topped 1,000 on March 11, surpassed 10,000 on March 19 and reached 100,000 on March 27, Johns Hopkins University data shows. While Japan has not seen the virus spread as fast, some experts say this is because of limited testing for the virus. 

The time needed for cases to double in Japan has lengthened from as short as six days, which is likely the result of more people staying at home in Tokyo and other large cities. Yet Japan remains on the verge of a sharper rise in infections.

The first wave of COVID-19 cases to hit Japan began in January, spread mainly by people traveling from China. Hokkaido emerged as an early hot spot for cases with no clear path of infection. Authorities’ responses during this stage, including Hokkaido’s declaration of a state of emergency in February, appeared to limit the rise in new cases.

But after this pause came sharp increases in Tokyo and other cities that have been linked in part to travelers returning from countries other than China.

“Even before the first wave from China had abated, a second wave began, with more than 300 infected people streaming in from Europe, Egypt, the U.S. and elsewhere,” Oshitani said.

カテゴリー
communication / 会話・報道

ドイツから見るコロナウイルス流行に関する日本についての報道 / News about Japan on the coronavirus epidemic from Germany

Written in Japanese (related article is below)

EyeCatch: Japans Notfallmedizin droht der Zusammenbruch, Süddeutsche Zeitung

日本のコロナ対策の現状について、ドイツでも少しですが報道されています。
どこの国にも色んな考え方や論調はありますが、日本の印象は一言でいえば「不明瞭でなにも言えない」です。
例えば、最新のドイツの新聞ではこうまとめられています。
 
2020年4月20日 Süddeutsche Zeitung(南ドイツ新聞)Japans Notfallmedizin droht der Zusammenbruch
„Die Politik des Regierungschefs funktioniert gerade nicht.” 
「現状、政府の政策は機能していない」
 
2020年4月20日 Berliner Zeitung(ベルリン新聞)Kritiker: Zahl der Infektionen wegen Olympia 2020 geschönt
“Der Verdacht kommt auf, dass die Statistik zuvor halbherzig geführt wurde.”
「これまで統計を中途半端に集めていた疑惑が生まれる」
 
大半が感染経路すら全く掴めていない状況や推測を元に予測している論や不確かな情報を元に議論する報道もあって、
多くの外国にいる日本人がおそらく同じように、帰国しようにもいつ頃それが可能になりそうかさえも分からず、
それ以上に安全な場所か安全な場所じゃないかの判断もできなくなる、本当にどの情報が正しいのか分からないことは大変な事態です。

カテゴリー
Agriculture, Forestry & Fisheries / 農林水産 Culture / 文化 Lifestyle / 暮らし

ドイツで製品を売るためには美意識の違いを見極めろ / Assess the difference in aesthetic sense to sell products in Germany

下の図は、マーケティングの基礎としてよく見る構造図です。(汚くてごめんなさい)

マーケティングの基礎構造

一般的に、マーケティングは4つのPで説明されています。すなわち、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(広告)です。それぞれ、どのようなものを作るのか、どの程度の価格で売るのか、どういったルートで販売するのか、どのように消費者に情報提供をするのか、という考え方です。しかしながら、単純にこの4つのPに仕事を分類するだけでは商品は売れず、これは対象とする市場が、消費者の基本的なニーズが十分に充足されていない、また、市場が絶え間なく成長している段階というような前提があります。感覚的に考えても、たとえ、日本で売れる製品をつくったとしてもドイツで売れるとは限りません。当たり前ですが、それは対象とする市場が異なるからです。経済学的に考えると需要(ほしい)と供給が価格と市場を形づくり、市場の範囲は固定されるわけではなく、例えば、需要者の年齢や性別、タイミングによって変動します。その範囲となり得るひとつの例は国単位の市場が考えられます。なぜ、国単位の市場がその範囲のひとつとして成立するのか、私はその国で育ち生活している人の「国民性」が異なるからだと考えています。

 

国民性を表現する気質のひとつに「美意識」があると思います。美意識は、人が美しいと感じる感覚であり、人が発する所作や態度にも当てはまります。日本人は謙虚さが美徳とされているなんてよく聞きますが、これも美意識に近い気質だと思います。その美意識の感覚は、人による造形物や自然への働きかけのような作用により表現され、それは国全体の特徴として傾向が表れる、はずです。

 

例えば、多くの日本人が美しいと思う表現に「侘び、寂び」があります。侘び寂びは、おそらく日本人にしか分からない美的感覚の言葉だと思います。「侘び」をドイツ語にするとdie geschmackvolle Einfachheitやdie Ruhe ausstrahlende Schlichtheitらしいですが、おそらくドイツ人からするとそんな説明をされても美意識のひとつの感覚としてはピンとこないと思います。「寂び」も同様にPatinaと聞いてドイツ人が最初に想像するのは、フライパンの錆や油のコーティングだと思います。日本では、飾りを棄てた閑寂な風情や古びて閑寂な趣があることに美しさを感じる人が多いように思いますし、ドイツでは、その感覚に近いものとして、例えば森林の非対称性に美しさを感じる人が多いように思います。

 

ドイツで製品を売るためには、ドイツ人が美しいと思う感覚、美意識をしっかり理解して、マーケティング戦略を練る必要があります。

カテゴリー
Agriculture, Forestry & Fisheries / 農林水産 Environmental system / 環境政策

認証制度の信頼性 / Certification system reliability

認証されたモノの信用が崩れる時はどんな時か?

昨今、日本ではクラウドファンディングが流行ってるらしいけど、それはドイツでも同じ。ドイツでは、これとよく似た仕組みで例えば、キャンパクトという団体が取り組んでいる「オンラインペティション」というものがある。不公平なことや社会的問題となる政策や政治に対して、主にインターネットなどオンラインで署名を集め、請願活動をおこなう。

ずいぶん前だが、このオンラインペティションで、ルーマニアの森林でクマの生息地が消滅の窮地にある、それをくい止めるために署名をして下さい、というメールが送られてきた。(ルーマニアの首都はブカレスト、東は黒海に面し、セルビア、ハンガリー、ウクライナ、モルドバ、ブルガリアに囲まれた、人口2000万、ちょうど日本の本州くらいの大きさの国。国土の3割が森林で、広葉樹林:針葉樹林は7:3)

よく調べてみると、クマが窮地にあるのは積み重なってる諸問題の結果として表面に見えているだけで、本当はすごく奥が深いことが分かる。問題の全貌がよく分からない。おそらく、その一番の問題は、森林認証が取得されている森林にも関わらず、違法伐採が横暴し、しかもそこから生産される木材が認証材として市場に流通している、ということらしい。また、それは隣国ウクライナまで複雑な構造で拡大している。アメリカ・ワシントンの非政府組織、EIA(Environmental Investigation Agency)の長年に渡る調査によると、オーストリアに本社がある木材産業企業Holzindustrie Schweighoferがルーマニアにおよそ10年前に進出したことから、違法伐採が拡大していることを指摘している。

そして、その輸出先として日本が挙がっている。Schweighoferと取引をしている日本企業は、誰でも聞いたことのある最大手の商社が連なっている。この日本企業のほぼ全てが、製材品と集成材を住宅関連会社に販売する事業を展開している。つまり、この木材は日本の木造建築に広く使われている可能性がある。

届いたメールは、この会社に対して森林認証を認めないように、みんなで森林認証機関に請願しようというものである。

この情報が事実であるならば、本当に奥が深くて、EU域内の貧富の差や森林認証制度や国際貿易の動向とか、色々と問題が重なっている。分かってはいたけど、そこに日本の存在が結構大きく影響していることは複雑な気持ちになる。

森林認証とは、独立した第三者機関が一定の基準に基づいて、適切な森林経営が行われているかを審査し、認証した森林から生産された木材製品を分別して表示することによって、消費者の選択的な購入を通じて、持続可能な森林経営を支援する仕組みのことであり、認証制度が世界で普及してきた背景には、木材について国と国との貿易で主に輸出する側が輸出先に対して、自らが取り扱う木材が持続可能性のある原材料であることを証明する必要があったからという一面もある。

この森林認証に関する状況は世界全体で見ると、ものすごく偏っている。地球にある森林のおよそ1割がなんらかの森林認証を取得しているけど、そのうちの9割が北米とヨーロッパの森林である。例えば、認証された森林はここ数年、ヨーロッパだけが数百万ha単位でちょっとずつ増えている。つまり、日本も含めた他の地域では森林認証の取り組みは全然進んでない。それはなぜか。これはまた違う視点からの整理が必要。

一方で、木材輸出を促進したい、森林認証を普及させたい日本政府。林野庁は森林所有者に向けて認証取得ガイドを提供している。「森林認証は、あなたの森林管理の確かさをアピールするツールです。[…]国際的にも違法木材に対する規制や、破壊的な林業を拒否する動きが高まっています。あなたの森林管理が国際性を有する基準に照らして適切であるこを証明することは、今後の林業・木材産業の発展に有効な取組と考えられます。」木材産業者向けにはこう。「森林認証は社会、経済、環境の3つを同時に担保する認証です。森林認証のロゴマークが商品に表示されることで、適切な森林管理がなされた木材や製品を消費者が選択することができます。森林認証に取り組むことで、地域の適切な森林管理を後押しする大きな役割を担うことに貢献します。」

この文章には当然ながら言うまでもない前提がある。森林認証は国際間で疑うことなき適切に管理され生み出された木材の証。日本から輸出する木材も、日本に輸入される木材も森林認証があれば、一定の基準を満たした認証材としては変わりない。このルーマニア違法伐採の一件は、その信用を揺るがしかねない。

EIAの報告が本当に事実であれば、ルーマニアやウクライナから先の企業を通じて日本に輸入する日本企業は、その違法性を知らないで輸入しているのか。または、知っていてしているのか。もし知っていて輸入しているとして、政府はそれを知らないのか。

そして、この話は日本のグリーン購入とクリーンウッド法につながる。でも、これらにはアメリカや他の木材貿易主要国にあるような罰則規定がない。EIAはこの件を受けて、日本政府に対して、十分なデューデリジェンスの実施と効果的な罰則を伴う違法伐採木材の輸入禁止に関する法律を制定するように提言している。だけど、なぜか、日本は違法伐採に対する業者の罰則を明確に規定しない。

最近、あなたが建てた家の木はヨーロッパから来ている森林認証材じゃないですか?

カテゴリー
Culture / 文化

Education system and salary of gardeners in Japan

German & Japanese

お客様からリクエストがあり、日本人の庭師に関する情報を整理しました。
The other day I received a request from my client, so I organized information about a Japanese gardener.

Ausbildung und Qualifikationen

Um in Japan Gärtner zu werden, gibt es keine spezielle Berufsausbildung wie in Deutschland.

Als Qualifikationen für Gärtner gibt es in Japan die nationalen Qualifikationen “Landschaftsgärtner (1., 2., 3. Klasse)” und “Ingenieur für Landschaftsbau und -management (1., 2. Klasse)”. Der Beruf Gärtner erfordert jedoch nicht notwendigerweise eine Qualifikation. Außerdem gibt es “Baumdoktor” als öffentliche Qualifikation. Da praktische Erfahrung eine Voraussetzung für die Anmeldung zur Prüfung ist, werden die Qualifikationen jedoch erst nach einer Anstellung erworben.

Die Qualifikation “Landschaftsgärtner” gibt es als 1. Klasse (Fortgeschrittene), 2. Klasse (Mittelstufe), 3. Klasse (Unterstufe). Die erste Klasse ist qualifiziert vom Minister für Gesundheit, Arbeit und Soziales, Klasse 2 und Klasse 3 vom Gouverneur der jeweiligen Präfektur.

Der Ingenieur für Landschaftsbau und -management kann die Qualifikation erwerben, indem er die Prüfung für Ingenieurtechnik im Bereich Landschaftsbau ablegt, die durch das vom Minister für Land, Infrastruktur und Verkehr bestimmte Nationale Ausbildungszentrum für Bauwesen durchgeführt wird.

Es gibt auch die Möglichkeit, in einer Landschaftsgestaltungsfirma usw. zu arbeiten, auch wenn man nur einen High-School-Abschluss und keine Erfahrung hat. Die meisten Leute studieren aber an Universitäten und Berufsschulen, die Landschaftsarchitektur anbieten, und suchen dann einen Job bei einer Landschaftsgestaltungsfirma usw..

Lohn von Gärtnern

In kleinen und mittelständischen Unternehmen basiert das Monatsgehalt von Gärtnern meist auf einem Stundenlohn. Abwesenheitszeiten bedeuten also ein geringeres Monatsgehalt.

Das Einstiegsgehalt für einen Landschaftsbauingenieur bei einer Landschaftsgestaltungsfirma liegt bei ungefähr 160.000 bis 200.000 Yen (1.200 – 1.600 Euro). Je nach Firma gibt es einen Bonus, bei vielen unter 150.000 Yen im Jahr. Da der Lohn stark vom Können jedes Einzelnen abhängt, steigt das Gehalt mit dem Sammeln von Arbeitserfahrung.

Die meisten Landschaftsgestaltungsfirmen sind kleine und mittelständische Unternehmen und das Gehaltsniveau liegt eher unter dem Standard normaler Büroarbeiter.

Viele Gärtner haben eine Wohnung direkt am Arbeitsplatz bzw. eine Firmenwohnung. Gärtner, die in einer Firmenwohnung wohnen, bekommen nur eine sehr geringe Bezahlung. Da aber keine Mietkosten und fast keine Verpflegung gezahlt werden müssen und auch nur wenig Freizeit bleibt, reicht diese geringe Bezahlung zum Leben. Diese Arbeitsweise passt zu Personen, die sich komplett auf die Verbesserung ihrer Fähigkeiten konzentrieren möchten.

Im Allgemeinen gilt: Das Jahresgehalt von Gärtnern beträgt ca. 2 Mio. bis 5 Mio. Yen (15.000 – 37.000 Euro). Das Monatsgehalt beträgt bei 20 – 30-Jährigen ca. 150.000 bis 200.000 Yen (1.100 – 1.500 Euro), bei 30 – 40-Jährigen ca. 200.000 bis 250.000 Yen (1.500 – 1.900 Euro) und bei 40 – 50-Jährigen ca. 350.00 bis 500.000 Yen (2.600 – 3.800 Euro).

Links

JFLC (Japan Federation of Landscape Contractors)  http://www.jflc.or.jp/english.php

JLCA (Japan Landscape Contractors Association) http://www.jalc.or.jp/english/index.html


庭師の関連資格としては、国家資格である「造園技能士(1級・2級・3級)」や「造園施工管理技士(1級・2級)」があるが、必ずしも資格が必要な職業ではない。公的資格には「樹木医」がある。「造園技能士」には、1級(上級)・2級(中級)・3級(下級)がある。1級が厚生労働大臣、2級、3級が都道府県知事により合格を認定される資格。ただし、これらは実務経験が必要なため、就職後に取得することとなる。造園施工管理技士は、国土交通大臣の指定を受けた全国建設研修センターが実施する「造園施工管理技術検定試験」に合格することで取得できる。高卒で未経験でも造園会社等で働ける可能性もある。しかし、多くの人は造園科などがある大学や短大、専門学校などで知識を身につけ、その後、造園会社等へ就職する。庭師は職人の世界であるため、まずは先輩と一緒に現場で作業をしながら経験を積み、一人前を目指すことが一般的である。

中小企業の社員として就職した場合、庭師の給料は、日給月給の制度となっている会社が多い。日給月給制とは、毎日の日給が積み重なって月給となるもの。遅刻・早退・欠席をすると、その分月給から控除される。一方で、技術職として造園会社に就職した場合、初任給は16万円〜20万円程度。ボーナスは、会社によるが、15万円以下である場合が多い。基本的に、当人の技術によって待遇が変わる仕事なので、経験を重ねれば年収は徐々に上がっていく。勤務場所や勤務先の会社によって変わるが、造園会社は中小企業が多く、一般のサラリーマンよりは、やや低めの給与水準にある傾向にある。また、庭師には「住み込み」という働き方をする人も多くいる。住み込みの場合、給料はお小遣い程度。しかし、住居費用や生活費が全くかからないうえに、外出する時間もないため、金銭面でそれほど苦労はない。技術を磨くことに専念したい人には、向いている働き方。庭師の年収推定は、200万円~500万円。月給は20代で15~20万円、30代で20~25万円、40代で35~50万円である。

ハウスメーカーの造園部門や造園会社などに庭園設計士(ガーデンデザイナー)として勤務した場合の初任給は20万円前後。年収例として、30歳台半ば(35歳くらい)で450万円、40歳過ぎたところで年収600~700万円。経験と実績を積めば、さらに高い収入を得ることもできるし、独立や開業するケースもある。庭園設計士自ら現場で作業をすることもあるが、実際の作業は造園士、庭師、植木職人と呼ばれる職人によって行われる。植木職、造園士として働いている人の数は2000年の国勢調査の時点で12万3978人。また、造園士の収入は、平均日当にしておよそ1万4000円。成りたての職人の場合は月収20万円前後で、現場を仕切れる監督になった30代後半で30~35万円。これにボーナスが加わり550~600万円というのが現場監督の年収。(『週刊ダイヤモンド(2005年11月5日号)』ダイヤモンド社よりp46)

カテゴリー
生活 Leben

eine natürliche Umwelt am Biwa-see

20. Dezember 2016

Il lago Biwa, mia patria, è il più grande lago di acqua dolce del Giappone. Die japanische SATOYAMA, eine natürliche Umwelt am Biwa-see, der der größte See Japans ist. Meine Heimat ist reich an schöner Natur.