カテゴリー
Environmental system / 環境政策 Lifestyle / 暮らし Sport / スポーツ Tourist Information / 観光情報

欧州の自転車利活用 / European bicycle utilization

English version is below

近年、北欧から南欧にかけてヨーロッパではレンタサイクルや電動スクーターの利活用が広がっています。日本でも観光客が駅前1日レンタルなどの自転車を借りて利用する仕組みがよく見られると思います。私が住んでいるドイツのミュンヘンでは、自転車で通勤する人も多く、世界中からの観光客が自転車に乗り街中を行き来しています。最近では、ミュンヘンでも短時間シェア型の電動スクーターが道路を走っている姿がよく見られます。これはドイツだけでなく、フランス、ベルギー、イタリア、スイス、オーストリアなどの国々でも同様に見られる光景です。

以前、日本の大学の先生からのご依頼でドイツ連邦環境省が主催する国際会議への出席と現地視察を兼ねた欧州調査をご支援させていただいたことがありました。その先生は市民が主体的に取り組むエコツーリズム普及のため、自転車の利用促進を通じた公共交通の再構築と地方都市の持続可能性に関する研究をされている方で、欧州の事例を調べたいとのことで視察コーディネートをさせていただきました。欧州ではオランダのアムステルダム、デンマークのコペンハーゲン、ドイツではミュンスターなどが自転車交通環境の先進といわれているようですが、これら先進地でもその投資根拠や効果をどのように評価しているのかや自転車政策の資金調達などについては十分に公開されているとは言えず、大変興味深い点だと思います。EUではコストに健康的価値観を取り入れて試算をしているようです。どの国も気候変動対策や環境政策促進の観点から自転車利用を広げようとしていますが、市民の目線では問題点も見られます。例えば、当然ですが、都市では自転車通勤の人が多くなればなるほど、自転車道路が混雑し事故の危険性も高まります。ミュンヘンでは朝の通勤に自転車の信号待ちが50m以上になったり、管理が不十分な上に街中に放置されていたあるシェアレンタサイクルは景観や安全性に問題があり廃止になりました。

また、普段の生活圏での自転車利用の広がりに伴ってかは定かではありませんが、アクティビティとしての自転車利用も増加しているようです。オーストリアの都市近郊の山や森林では、電動マウンテンバイクを利用して登山をする人が増えていると先日の訪問先でも担当者からお話しいただきました。自転車利用に限らず山や森林など自然の中でのアクティビティは人気があり、自転車ツーリングやマウンテンバイク利用は活発です。しかし一方で、自転車利用が増えることで問題もあります。例えば、マウンテンバイクで登山をした人は道がない不規則性を楽しむため森林内を走るライダーも多く、地面や立木に森林経営上の損害を与える可能性が高いです。下り坂であれば自転車のコントロールは難しくなり、自身だけではなく周囲に対しても安全上のリスクが高くなります。そうした問題はひとつひとつ、現場で管理担当者や警察などが連携してコストをかけ対応しているという現状です。

欧州の自転車利活用は一般の生活者から見ても拡大していることは明らかですが、一方でその利便性を十分に享受できるインフラと規律性がどこまで構築できるのか、まだ課題は多いといえます。環境政策として自転車利用を促進しているが経済性と安全性とのバランスはどのように保つのか、自転車利用が多い観光地では観光と環境保全がどのように成立しているのかなど、欧州の自転車政策を通した社会形成がどのように変化していくのかこれからも注目したいと思います。

 

In recent years, the use of bicycles and electric scooters has expanded in Europe. In Japan, you can often see a mechanism that allows tourists to rent bicycles such as one-day rentals in front of the station. In Munich, there are many people who commute by bicycle, and tourists from all over the world ride bicycles around the city. Recently, we can often see a short-share electric scooter running on the road in Munich. This situation is seen not only in Germany but also in countries such as France, Belgium, Italy, Switzerland and Austria.

Previously, at the request of a teacher working at a Japanese university, I supported a European survey that served as both a participation in an international conference hosted by the German Federal Ministry for the Environment and an on-site inspection. The researcher is a person who is studying the restructuring of public transport through the promotion of bicycle use and the sustainability of local cities in order to disseminate ecotourism that citizens are actively engaged in. I coordinated the tour in response to his request to study the European case. In Europe, Amsterdam, Copenhagen, Münster, etc. are said to be advanced in the bicycle traffic environment. How do you evaluate the investment grounds and effects in these advanced regions and how to raise funds for bicycle policy? It’s not very public, so it’s very interesting. Every country is trying to expand the use of bicycles from the perspective of climate change and environmental policy promotion, but there are also problems from the citizens’ perspective. For example, of course, the more bicycle commuting people in a city, the more crowded bicycle roads and the greater the risk of accidents. In Munich, waiting for bicycle signals in the morning commute is more than 50m. In addition, a shared bicycle rental system that was left under control in the city has been abolished due to problems with scenery and safety.

Also, although it is not certain with the spread of bicycle use in everyday life areas, it seems that bicycle use as an activity is also increasing. I heard from the person in charge the other day that the number of people climbing using electric mountain bikes is increasing in mountains and forests near Austrian cities. The other day, I heard from the person in charge that there are more people climbing on the mountain and forest near the city in Austria using electric mountain bikes. Activities in nature such as mountains and forests are popular not only for bicycle use, but bicycle touring and mountain bike use are active. On the other hand, however, there are problems with the increased use of bicycles. For example, many mountain bikers enjoy the irregularity of roads and many riders run in the forest, which is likely to cause forest management damage to the ground and trees. Downhill slopes also make it difficult to control your bike, increasing your safety risk not only to yourself but also to your surroundings. Each of these issues is being dealt with costly in cooperation with managers and police at the site. Although it is clear that the use of bicycles in Europe is expanding from the perspective of the general public, there are still many challenges to the extent that infrastructure and discipline that can fully adapt its convenience can be built.

Although it is clear that the use of bicycles in Europe is expanding from the perspective of the general public, There are still many challenges to the extent that infrastructure and discipline that can fully adapt its convenience can be built.  We will continue to pay attention to how the society through the European bicycle policy will change, in light of european countries are promoting bicycle use as an environmental policy, but how to maintain a balance between economy and safety, and how tourism and environmental conservation are established in tourist areas where bicycles are frequently used etc.

カテゴリー
Lifestyle / 暮らし Sport / スポーツ Tourist Information / 観光情報

Von Fischhausen-Neuhaus nach Bodenschneid (1669m)

街中ではあちこちに桜が咲き誇る中、まだ雪が残る春先のアルプス方面、Bodenschneidに登ってきました。

ミュンヘンからBOB(Bayerischen Oberlandbahn)に乗り1時間ちょっとでシュリアー湖(Schliersee)そばにFischhausen-Neuhausという駅があります。朝早く出発すると昼過ぎには下山ができるお手ごろなコースです。

朝9時頃、駅から出発するとあたりは霧がひろがり、遠くの山はなにも見えません。

Fischhausen-Neuhaus駅からの景色(9:00頃)

歩いていると次第に霧が晴れていきます。

後ろに見えるのはシュリアー湖(Schliersee)です。地元の人はベンチに座りながらこの景色をゆっくり堪能するのでしょう。

先に進みます。駅から近道もあったようですが、登山者用の道を選んでいきます。

雪がまだ多く残っていました。すぐに雪道になりました。しかし割りと水分を含んだ固めの雪でまだ歩き易いです。

林道を登っていきます。

春らしい草花も見られるようになってきました。春だなぁ

Leberblümchen (Hepatica nobilis)
日本ではミスミソウ(三角草)と呼ばれる、また 、雪の下でも常緑であることからユキワリソウ(雪割草)の名でも知られる。

途中にマリア様のチャペルのような小屋があったり

これは架線を張って伐採作業したような跡ですね。

まだ新しい倒木がたくさん見かけられました。3月の一週目(3/5火曜日)に大きめの嵐(Sturm BENNET)が発生して、バイエルン州の南は色々なところで被害がでました。おそらくそのときの被害木じゃないでしょうか。



立木の周辺だけ雪が完全に溶けています。これは雪の根開きといわれる現象。根が水分を積極的に吸い上げ木が活発に動き始め、温度がその周辺だけ高くなっている証拠です。春だなぁ

標高が上がるにつれて雪が深くなってきました

途中、山小屋がありましたが閉まっていました。標高1240mほど

三角キャタピラのスノーバイク、良い!

雪の中をしばらく歩くとBodenschneidhausに到着しました。

頂上まであと少しですが、雪が深いのと道が見えない急傾斜地、人が少ないことなど色んな状況とリスクを考え、今日はここまで。山小屋でお昼ご飯を食べて下山します。

正面に見えるのがBodenschneid(1669m)、また今度挑戦しよう。

すぐに下山ができました。駅に着くと40分後にしか列車がないので、それまで近くのカフェでケーキとコーヒーをいただきながら休憩です

Fischhausen-Neuhaus駅からの景色(13:00頃)手前はBrecherspitz、奥がBodenschneid

ミュンヘンから1日かけなくても気軽に登山できる日帰りコース、またひとつ体験できました。