カテゴリー
休日 Urlaub 生活 Leben

若いうちにたくさん失敗をしよう!! / I think it’s important to have a good hard failure when you’re young!!

新年あけましておめでとうございます。
  
初詣をするため平安神宮に行きました。
相変わらずすごい人・人・人ですね。
Heian Jingu Shrine 2013
  
Heian Jingu Shrine
露店もたくさん。
やっぱりこの年末年始の雰囲気は心が安らぎ良いものです。
  
Stitch Candy
スティッチの飴です。
あんまりおいしくなかった。。。
 
久しぶりのおみくじを引いたら「大吉」でした。
願い事は思うままだけど油断しないように、旅立ちは利益があり行くことは吉、学問は安心して勉学に励みなさい、お酒の飲みすぎは凶になります、とのことでした。
ありがたいお言葉ありがとうございます!(m . .)mはっはぁ~
よーし、がんばろ!
 
今年の目標も決めておこう。
『体力づくりを頑張る(登山しよう、自転車を使おう)』
『音階とボーイングの基礎をしっかり(バイオリンのこと)』
『論文を書き終える』
『博士への足掛かりを築く』
ちょっと欲張ってるかな。
 
 
「I think it’s important to have a good hard failure when you’re young.」
 
ウォルトディズニーさんは「失敗」することについてたくさんの名言を残しています。
「失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。」
「私は失敗した。だがそこで多くの事を学んだ。若いころひどい目に会い、失敗する事は重要なんだって、思うね。」
「人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が、私を強くしてくれた。」
良い言葉ですね。
 

カテゴリー
休日 Urlaub 生活 Leben

ゆく年くる年、なんくるないさぁ

ずいぶん長い間ご無沙汰でした。
いつの間にか年末、そしてあと2時間ほどで新年になろうとしています。

2012年は悲しいこともいくつかありましたが、実り多い年になったと思います。
今年の目標としていた「海外インターンを無事に終えること」も「オーケストラへの再帰」も達成できたと思います。
少しずつですが成長しているような気がします。
 
自分自身も落ち着いてきたので、ブログも順次更新していきたいと思います。 
明日は2013年の目標を書こうかな。
今から初詣に行ってきます(´∀`)
 

カテゴリー
休日 Urlaub 音楽 Musik

Musik, die fröhlich macht / 元気のでる音楽

地元のオーケストラに参加しました。
 

 
メインはベートーベンの6番、田園でした。
昔のよしみでエキストラとして出演させてもらいましたが、楽しかった。
1stバイオリンの一番後ろでしたが、周りがよく見えて勉強にもなりました。
特に、アンコールのアルルでパーカッションさんがすごく頑張っていたので、自分の音がなにも聞こえなかったのが印象的でした。
 
今までは何気なく演奏会に出演していましたが、今回は特別な意味がありました。
今回初めて、いとこのりょうくんと一緒に舞台に立ちました。
彼はバイオリンを始めて3年?4年?目くらいですが、すばらしい上達振りでオーケストラにも入りました。
家族で出演してしかも隣同士でオケをすることは、すごくめずらしいことです。
不幸続きの家族を励ます気持ちで頑張りました。
 
素人ながらにでも音楽をしていて良かったと思う瞬間はこういう時に感じるものかもしれません。
 

カテゴリー
休日 Urlaub 登山 Bergsteigen

Weiße Bergtour über Herzogstand-Heimgarten / どこまでも白い登山-ヘルツォークシュタント・ハイムガルテン

昨日のなんちゃって登山はHerzogstand-Heimgartenを経由してOhlstadtまで歩きました。
 
[slideshow]
 
天気はあいにくの空模様です。
Walchenseeまで列車とバスを乗り継いで、Herzogstandのゴンドラに乗ります。
Heimgartenまで尾根づたいを歩くコースです。
総距離は15キロありました。
 
天気が悪く、雲と霧に覆われてなにも見えません。
せっかくの尾根コースなのに少し残念です。
山頂付近は本当に寒かった。
気温は6度でした。
男5人(おじさん?)と副会長でのある意味蒸し暑い登山はとても楽しかった。
むしろ男がたくさんいると楽しい。
夕御飯にはいつもどおりミュンヘンまで戻り、ラーメン匠でおいしいチャーシュー丼を頂きました。
  
もうすぐ今回のドイツ滞在も終わりに近づいています。
登山もあと1,2回でしょう。
残りの滞在も有意義なものにしたいと思います。
 

カテゴリー
休日 Urlaub

Der Urlaub am Bodensee / ボーデン湖での休暇

先週末はボーデン湖に行ってきました。
 

 
2泊3日の夏休暇です。
ちょうど兄夫婦がスイスに来ていたので、そのタイミングに合わせコンスタンツで会うことにしました。
天気も良く、気持ちの良い青空でした。
2年前、まだドイツに来たばかりのころ一度訪れていますが、何度来てもいいものです。
前回はコンスタンツからスイスのチューリッヒやバーデン・ビュルテンベルク州のフライブルク、フランスのストラスブールまでよく移動しましたが、今回はコンスタンツの周辺でゆっくり過ごしました。
 
前回の旅はこちら
http://kamitsukid.wordpress.com/2010/08/01/1128/
http://kamitsukid.wordpress.com/2010/08/02/1164/
http://kamitsukid.wordpress.com/2010/08/03/1175/
  
ボーデン湖で湖水浴をしたり、花の島・マイナウ島へ行ったり、サイクリングしたり。
ちょうど姉が誕生日だったのでみんなでお祝いしました。
ホテルでは親切なスタッフさんがケーキを準備してくれました。
誕生日おめでとう。
さて、来年はどこに行こうか。
 

カテゴリー
休日 Urlaub 登山 Bergsteigen

Ein schöner Tag auf der Alpspitze(2,628m)~Höllental / 地獄谷のすばらしい一日

先週のなんちゃって登山はアルプシュピッツェ(Alpspitze)からヘレンタール(地獄谷, Höllental)に抜けるルートを歩きました。
 
[slideshow]
 
一日中快晴の本当にすばらしい日になりました。
真っ青な空と木の緑と雪や岩肌の白色が本当に美しい。
きれいな写真がたくさん撮れました。
  
ミュンヘン近郊を経由してGarmischへ向かいます。
たまたま一緒の電車に乗っていた日本人女性と出会いました。
秋からチューリッヒの音大で学ぶオーボエ吹きさんでした。
ええな。ステキや。羨ましい。
「なんちゃって」で音楽をしてきたかみつキッドにとってはとても憧れの存在です。
 
一行はGarmisch駅からZugspitzbahnという登山鉄道でKreuzeck-Alpspitzbahn駅まで行きます。
そこからケーブルカーに乗り、頂上が見える麓まで登ります。ここで約2000mくらい。
オーボエの彼女はこの日、Zugspitzeにも行くとのことなので、ここでお別れです。
結局、帰りに再びたまたま一緒の電車になり、夕食を食べに行くことなりました。
これはきっと運命ですね。登山仲間が増えました。
 
さて、頂上を見上げながらまだ雪の残る道を降りていきます。
壮大な景色に気持ちも高まります。
Rinderscharteの道は雪のせいで通ることができないらしいので、急遽予定を変更し、Hupfleitenjochの道を歩きます。
 
途中、大自然の中で昼食をすまし、地獄谷を目指します。
おにぎりにバナナケーキなど、おいしかった。
地獄谷はアルプスの大きな山と山の間にできた大きな谷です。
そこを北に向かって雪解け水が流れていきます。
長年の水による風化が激しく、角度の際立った岩盤が多く見られます。
大小さまざまな滝もたくさんあります。
服がボトボトになり寒いくらいでした。
しかし面白い!冒険心が駆り立てられます。
  
 
今日歩いた距離は約12キロでした。
こんなすばらしい登山日は一年に一度あるかないかですね。
何度でも行きたいものです。
 

カテゴリー
休日 Urlaub 登山 Bergsteigen

durch Füssen spazieren / フュッセンぶらぶら散歩の巻

昨日のなんちゃって登山は、美しいHöllental(地獄谷)制覇を予定しておりましたが、あいにくの天気と参加メンバーが少なかったため、急遽予定を変更し、フュッセンぶらぶら散歩とバス旅行を初体験しました。
 
[slideshow]
 
列車に揺られMünchen経由でOberauまで行きました。

そこからバスに乗り、Füssenへ向かいます。
日本でもドイツ観光で人気のロマンティック街道を通ります。
途中、世界遺産にも登録されているロココ様式のWieskirche(ヴィース教会)を経由します。
雨の日にも関わらず観光客はたくさんいました。
フュッセン郊外にはあのノイシュバンシュタイン城があります。
先週もこの近くの山、テーゲルベルクを登山しました。
 
フュッセンにはHohes Schloss(ホーエス城)がありました。
このお城は14~15世紀に建てられたアウクスブルクの大司教の離宮のようです。
今は州立の絵画館になっていました。
お城の周りには立体的な窓を思わせるような、いわゆるだまし絵のような装飾が施されています。
本当に立体的に見えておもしろい!
 
絵画館を見学したあとは、レヒ川の周辺を散歩しました。
先週からずっと雨が続いていたので、レヒ川は洪水のようにすごい勢いで流れていました。
 
ミュンヘンへ帰り、日本ラーメン店「匠」へ行きました。
おいしい塩ラーメンとキリンビールをいただき、非常に満足です。
来週こそは美しいHöllentalにチャレンジしましょう!!
 

カテゴリー
休日 Urlaub 登山 Bergsteigen

Tegelberg von Schwangau (830~1730m) / シュバンガウにあるテーゲルベルク

今週のなんちゃって登山はシュバンガウにあるテーゲルベルクでした。
ドイツ観光名所にも日本人観光客にも有名なあのSchuloss Neuschwanstein (ノイシュバンシュタイン城、新白鳥石城)を山の上から見ようという計画です。
天気は晴れ時々曇りです。
 
アウクスブルクからフュッセンへ電車に揺られ約2時間。
そこからバスを乗りSchwangau方面へ向かいます。
この時期この天気でノイシュバンシュタイン城を見ようという世界からの観光客で大変混雑していました。
あいにく、現在のノイシュバンシュタイン城は北西側の大きな工事によって少し悲しいお城になっていました。
 
[slideshow]
 
まずTegelberug Talstation(820m NN)というケーブルカー乗り場まで行きました。
今日はケーブルカーで目的地手前(Tegelberg Bergstation, 1720m NN)まで登り、下山するコースです。
BergsationからBranderschrofen(1880m NN)まで40分ほど歩きます。

 
頂上に到着です。うーん、実にいい景色!

そこからBergstationに戻りお昼ごはんを食べて、今度はSchwangau方面に向けて下山します。
今日は十六穀米おにぎりをいただきました。
さあ出発! 
 
1時間30分ほど降りていくと、さっそくお城が見えてきます。
うーん、上から見るほうが断然いい!

上からの景色も最高です。


 
今日の距離は8.3kmでした。
  

上の図は経路と標高です。
GoogleearthとGPSをつなげてブログに埋め込もうと思いましたが、ちょっと時間が必要です。
今回はスナップショットであきらめます。
また次回チャレンジしたいと思います。
 

カテゴリー
休日 Urlaub

die Schwäbische Alb erleben / シュ(σ゚д`)ベービッシェアルプに触れて

バイエルン州は全国に比べ休日が多い州です。
その中でもアウクスブルクは独自の休日を設け、全国で一番休日が多い街といわれてます。
アウクスブルクの場合、8月8日(水)はFriedensfestという祝日があります。
今年の5月28日はイースターから約50日目になりPfingstenfest聖霊降臨祭といわれ、これは全国で休日になります。
 
土日月の連休を利用してウルムに行きました。
ウルムとシュトゥットガルトの間にまたがるSchwäbische Albに散歩に行きました。
http://pakkurikamitsukid.files.wordpress.com/2011/12/sueddeutschland.jpg?w=467&h=330

[slideshow]

ウルムから西へ車で1時間ほど行くと、Marbachという小さな町があります。
そこに車を止め、周辺を散歩しました。
Schwäbische AlbにはWacholder(日本語でおそらくセイヨウネズ、ヒノキ科の針葉樹)がたくさんあります。
写真の正面にある木がそれです。

6時間,18kmを歩いて気持ちの良い疲労感でした。

ここMarbachには有名なGestütがあります。
馬の種馬飼育場です。
たくさんの馬がいて一般に公開されています。
特にアラブからきている馬は高価で顔を見ても高貴なイメージを受けます。
ドイツの馬はスポーツでよく使われているらしいです。
小さな馬たちもたくさんいました。
馬っていいですね((´∀`))

翌日はウルムから西15kmにあるBlaubeurenという街のBlautopfを見に行きました。
Blautopfは「青いナベ」と言われるように、水面が美しい青色に染まる泉です。
美しいKarstquelleとして有名らしいです。
石灰石によってきれいな青が引き出されるんですね。
実は22mもの深さがあります。

本当に美しい。
その日は天気も良かったので観光客もたくさんいました。

また来たいと思います。

カテゴリー
休日 Urlaub 国際 International 文化 Kultur 音楽 Musik

Die Aufführung mit japanischen “Freunde” in Ulm / ウルムでの友情音楽

ベートーベンの第九を聴きに行きました。

埼玉県川口市から数十名の日本人が参加されていました。
大震災後のまだ日本全体が不安定な中、日本で行われた第九演奏会のことは、以前にこのブログでも取り上げました。その音楽を通じて国を越えた温かい気持ちにはとても感動しました。
http://pakkurikamitsukid.wordpress.com/2012/01/08/jetzt-erst-recht-ein-kleines-konzert-in-japan/
 
今回は、反対に川口市の合唱団の方がウルムで第九を演奏するというものでした。
会場はプロテスタントのきれいで立派な教会でした。
大きなパイプオルガンに窓にはきれいなステンドグラスがありました。



  
お客さんはざっと500人くらいでしょうか。
オケピットは第九にしてはこじんまりしているようにも見えました。

 
第九の前に「コリオラン」がありました。
かみつキッドも2年ほど前にドイツで演奏した思い出の曲です。
 
ヨーロッパの教会はやっぱり音の響きが良い。
三楽章はやっぱり美しい。
合唱のテノールが大きな声だった。
ソプラノのソリストがきれいだった。 

体を揺らしリズムに乗るお客さんも見てると気持ちが良い。
お気に入りの旋律を口ずさむ隣のおばさんも良い。
ダメ出しをぶつぶつ言う後ろのおじさんも良い。

最後のパーカッションには少しハラハラさせられましたが、演奏会は無事に終わり、スタンディングオーベーションで幕を閉じました。
一生懸命に演奏されている(歌われている)方々を見て本当に感動しました。
マイヤーさんの指揮は分かりやすく、指揮をしながら笑顔で一緒に歌われている横顔を見て本当に感動しました。
やっぱり音楽はいい。オーケストラはいい。
今度は自分も第九を演奏したいと思いました。
 
すばらしい1日でした。どうもありがとうございます。