カテゴリー
TEIL 3 ein trockenes Ei

der vermisste Junge ist

21, November, 2010, Sonntag

 

   

「Wer Früher Stirbt ist Länger Tot」

2006年に公開されたドイツの映画。

英題はGrave Decisions。

日本では公開されていませんが日本訳すると、

「早く死ぬことは長く死ぬこと」??

タイトルは哲学的ですが、笑いあり感動ありのコメディー映画です。

 

思い込みの激しい少年を中心にストーリーが展開されていきます。

ある日、少年セバスティアンは兄の可愛がっていたウサギを死なせてしまう。

セバスティアンは自分が生まれた時に母親が死んでしまったこと怒った兄から聞く。

そこから死について悩む日が始まります。

 

変な演出をしている人達に囲まれた夢でいつもうなされるシーン

おじさんたちに吹きこまれエッチな台詞を担任の先生に言ってしまうシーン

寝たきりのおばあさんをあやまってベッドごと坂から転がし、

昔男に抱かれたことを思い出しおばあさんが元気になるシーン

担任の先生と父親がどんどんお近づきになっていくシーン

など見どころは満載です。

 

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=KeUChkNyQ2k&fs=1&hl=ja_JP&color1=0x402061&color2=0x9461ca]

 

この映画、バイエルンの方言が使われていてちょっと難しいですが内容はとても面白い。

ドイツ語なのにドイツ語字幕がでるほど訛ってます。

 

セバスティアンが自分なりに一生懸命考えて行動しているところに心打たれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です